最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ


試合結果
試合日 02.5.4 試合名 第27回 PEARL BOWL
トーナメント準々決勝
試合開始時刻 11:00 会 場 大井第2球技場
試合終了時刻 13:05     天 候

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アサヒビールシルバースター 0 3 7 13 23
日産スカイライナーズ 0 7 7 6 20

アサヒビールが逆転で日産を下し、準決勝進出
 アサヒビールシルバースターが日産スカイライナーズにリードを許したものの、第4Qに逆転。23−20で勝利をおさめて準決勝進出を決めた。

 第1Qは両チームともに決め手を欠き、得点には至らなかった。
 日産オフェンスはQB岡本を中心に展開するオプションが、アサヒビールディフェンスを切り裂く。第2Q、QB岡本のキープとRB望月のランプレーで敵陣8ヤードまで持ち込むと、RB望月がそのままエンドゾーンに飛び込みTD。
 アサヒビールはRB伊是名、中村のランプレーと、QB東野からWR大日方、橋詰、TE加藤へのパスで敵陣19ヤードまでオフェンスを展開するが、TDならず。前半終了間際にK山口が37ヤードFGを成功させて3−7で折り返す。

 後半に入っても日産オプションは冴えをみせる。まずQB岡本からWR中澤への59ヤードパスで敵陣6ヤードまで進撃。QB岡本が5ヤードを走りきりTD。14−3とアサヒビールを引き離しにかかる。
 追うアサヒビールは、WR稲垣へのパスとRB大場、新人RB波武名のランプレーでゴール前インチまでオフェンスを展開し、RB大場がTD。10−14と追いすがる。

 しかし日産は第4Q、またもQB岡本のランプレーでTD(TFPキック失敗)で20−10とする。
 アサヒビールはRB中村のランとWR橋詰へのパスで敵陣29ヤードまで進み、フォースダウンギャンブルでRB斉藤が日産ディフェンスをかわして20ヤードを走りぬけTD(TFPキック失敗)を奪い、16−20。

 その後、アサヒビールディフェンスが日産オフェンスを抑えてパントに持ち込み、そのパントをブロック。敵陣24ヤードからオフェンス開始というチャンスを得る。
 9分22秒、RB大場が1ヤードを走りTDをあげ、23−20と逆転。

 逆転された日産はQB岡本が走り、敵陣20ヤードまで持ち込み、再逆転を狙う。
 しかしアサヒビールディフェンスに進撃を阻まれてしまう。同点を狙った30ヤードFGは無常にもはずれ、アサヒビールが勝利を納めた。


試合結果
試合日 02.5.4 試合名 第27回 PEARL BOWL
トーナメント準々決勝
試合開始時刻 13:40 会 場 大井第2球技場
試合終了時刻 16:10     天 候

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 0 14 0 3 17
オンワードスカイラークス 13 3 0 0 16

富士通が劇的逆転FGでON−SKYの2連覇を阻む
 富士通フロンティア−ズがK長谷の劇的なFGで逆転勝ちをおさめ、オンワードスカイラークス(ON−SKY)の2連覇を阻んだ。

 先手を取ったのはON−SKY。第1Q5分46秒にRB杉澤の81ヤード独走TDで先制すると、QB冨澤からWR渡部への30ヤードTDパス(TFPキック失敗)で13−0とリード。
 富士通は相手のパントスナップミスなどで敵陣16ヤードからオフェンスを開始。このチャンスにQB中澤からWR久保田へのTDパスが通り7−13とする。

 ON−SKYはQB冨澤からWR武井へのパスで敵陣15ヤードまで進み、K福田(将)のFGで16−7。
 しかし富士通はQB木之下がパスを通し、敵陣4ヤードまで進攻する。最後は、RB森本がエンドゾーンに飛び込みTD。14−16で前半を終了。

 後半はともにディフェンスが踏ん張り、オフェンスが敵陣に入るものの両チームとも得点を奪えない状況が続く。

 試合時間残り1分22秒からの富士通オフェンス。QB木之下が必死のパスで敵陣に入ると、試合時間残り10秒にK長谷が逆転となる劇的な50ヤードのロングFGを決め、17−16とする。
 再逆転を狙うON−SKYは、QB冨澤からWR浦へのロングパスが通ったものの、エンドゾーンに持ち込むことができず、富士通が準決勝に駒を進めた。
  

パールボウル・スケジュールに戻る