最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
解説記事
アサヒ飲料チャレンジャーズ VS ファイニーズ・フットボールクラブ
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アサヒ飲料チャレンジャーズ 0 6 0 14 20
ファイニーズ・フットボールクラブ 0 0 0 0 0

試合結果を見る

個人記録を見る

ファイニーズの意地。チャレンジャーズ辛勝!
 初戦、明暗を分けたチーム同士の対戦となった。アズワンを相手にランプレーだけで勝利をもぎとったアサヒ飲料チャレンジャーズ。一方のファイニーズフットボールクラブは、イワタニを相手に全くよいところなく敗戦。
 しかし、その経験が前半はそれぞれのチームに影響した。

 まずはファイニーズの立ち上がり。シフトやモーションで相手ディフェンスを揺さぶり、RB井場を中心にランで攻める。
 得点するまではいたらなかったが、選手やベンチのモチベーションが高く「勝ちたい」という気持ちが前面に出たプレーが繰りかえされた。

 対するアサヒ飲料は、第1シリーズで46ヤードのFGを失敗。その後もファイニーズのディフェンスの迫力、粘り強さに苦しめられる。
 2度に渡る3rdダウン1のチャンスでダウン更新に失敗。
 敵陣36ヤードからのシリーズでも、QB桂からRB中島、WR桃澤、TE高橋へのパス、RB杉山のオープンへのランでゴール前1ヤードまで迫ったものの、RB辻野がファイニーズディフェンスの気迫がこもったタックルを受けボールをファンブル。ファイニーズDL萩山にリカバーされてまたもや得点することができなかった。

 しかし、アサヒ飲料は“らしさ”も見せていた。ディフェンスが徐々に相手オフェンスにプレッシャーをかけていたのだ。得意のパントのたびにシチュエーションを有利に持ち込み、前半終了間際には敵陣39ヤードからの攻撃権を得る。
 ここからショットガンオフェンスを見せたアサヒ飲料は、QB桂が3rdダウンで、WR桃澤にパスをヒットさせTD。TFPは失敗したものの、前半をかろうじて6−0で折り返すことができた。

 後半に入ってからもファイニーズの奮闘が続く。敵陣45ヤードからのオフェンスではQB木下、RB徳重、宮下らのランで着実に前進。
 4thダウン7でのギャンブルも、QB荒木がRB池下へショベルパスを成功させ、ゴール前20ヤードまで迫った。
 ここからもQB荒木がロールから自ら持って走るなどエンドゾーンまで、あと12ヤードとしたが、最後は27ヤードのFGをK原が失敗し、得点することはできなかった。

 アサヒ飲料がようやく底力を見せたのは第4Qに入ってからだ。
 自陣34ヤードからRB瀬畑のランと、QB桂のパスなどでゴール前20ヤードまで迫り、RB中島のラン、そして最後はRB辻野がオフタックルからオープンに抜け、相手タックルを跳ね飛ばしTD。TFPも2点コンバージョンを成功させ、14−0とした。

 その直後のファイニーズオフェンスで、QB荒木の投じたボールをLB小西がインターセプト。そのままエンドゾーンまで走りこんでTD。キックは失敗したが、20−0とし勝負を決定づけた。

 試合後、山川GMは「しんどかった。ショートヤーデージの1stダウンやTDが取れていないのも、精神力があらへんからやと思う。でも今までだったら、こんな試合をしていたら負けていたと思うので、ひとまずは“よし”としたい」と辛勝にもさばさばした表情だ。

 一方、ファイニーズの村田ヘッドコーチは「選手がやる気や、勝ちたいという気持ちを表現できるようになってきたと思う。今日も勝てる、と思っていただけに残念。ここ数年前半戦で3連敗ばかりしているので、今季こそそれだけは避けたいと思う」と、こちらも次(松下電工戦)を見据え、今季2度目の出直しを誓っていた。