最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
解説記事
富士通フロンティアーズ VS クラブハスキーズ
チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
富士通フロンティアーズ 28 10 21 21 80
クラブハスキーズ 7 0 0 7 14

試合結果を見る

個人記録を見る


エースRB森本が大爆走!富士通が完勝でフィニッシュ

 素晴らしい実績を誇る強豪でありながら、今シーズンはまだ1勝と予想外の不振にあえぐ富士通フロンティアーズと、Xリーグ初勝利を目指すクラブハスキーズが横浜スタジアムで激突した。

 最初にチャンスをつかんだのは富士通。ハスキーズのQB田が放ったオーバースロー気味のパスをDB植木がインターセプト。敵陣29ヤードで攻撃権を得る。
 ここから富士通はRB森本のランでダウンを更新すると、最後はQB月野がエンドゾーン隅に走りこんだWR高橋(睦)に、見事なコントロールでTDパスを決めて先制した。

 続くシリーズでも、富士通ディフェンスがビッグプレーを演じる。
 QB田が放ったサイドラインへのパスをDB安田が狙いすましたかのようにインターセプト。そのまま誰もいないフィールドを一気に走りぬけてTD。14−0とした。

 ハスキーズも負けていない。
 積極的にブリッツを仕掛ける富士通ディフェンスに、QB田がクイックパスやショベルパスで対抗。さらにRB澤田、RB平澤の軽快な走りも相まって富士通陣に迫る。
 QB田は敵陣21ヤードから一気にTDを狙うべくパスをコール。けっして簡単なパスではなかったが、WR中正が腕を伸ばして好捕、そのままエンドゾーンに転がり込んでTD、1TD差に迫った。

 しかし、ここから富士通が地力の違いを見せつける。
 QB月野が1stダウン狙いの短いパスをWR久保田へ。パスをキャッチしたWR久保田は、味方のダウンフィールドブロックにも助けられ、そのままハスキーズディフェンスを振り切り73ヤードのTD。
 直後のハスキーズのオフェンスでは、DB植木がこの日2本目のインターセプトを39ヤードのリターンTDに結び付けて、さらに点差を広げた。
 その後も富士通は1FG、1TDを加えて、前半を38−7と大きくリードして折り返した。

 後半の富士通は、4年連続Xリーグリーディングラッシャーであるオフェンスの牽引車、エースRB森本に5度目の栄冠を渡すべく、ボールを集中する。
 今シーズンは負傷もあって、いまひとつ精彩を欠いていたRB森本だったが、この日はチームの期待に応える。
 3Q最初のオフェンスでは、粘り強いランでゲインを重ねてWR金田へのTDパスをお膳立てをし、直後のキックオフで、ハスキーズがファンブルをして得たチャンスでは、3回連続ボールをキャリーしてTDに結びつけた。

 4Qも残り1分を切った状況で攻撃権を得た富士通は、RB森本に最後のチャンスを与える。
 「全員の気持ちがひとつになっていた。チームメイトみんなが(リーディングラッシャーを取らせると)声をかけてくれた。勝てないフラストレーションがたまっていただけに、最高の終わり方が出来た」(RB森本)。
 富士通のプレイヤー全員の気持ちがこもったプレーは、RB森本の83ヤード独走TDという最高の結果に結びついた。

 結局、試合は富士通が80−14で完勝。注目のRB森本は29回のランで318ヤードを獲得。シーズン合計で、617ヤード獲得となり5年連続のラッシング王座に大きく近づいた。

 RB森本は「(プレイヤーを)やめようか思ったこともあったけど、チームプレイの良さを改めて知ったので、中々やめられないですね」と語り、チームメイトたちと素直に喜びを分かち合っていた。