最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
試合のみどころ
東京ガスクリエイターズVS クラブハスキーズ
生き残りを賭けて、絶対に負けられない戦い。
10月11日(祝) 川崎球場 Kickoff 11:00 【日程変更】

 台風22号の影響で10月9日から順延開催となったゲーム。
 2004年CENTRAL注目のサバイバルゲーム。東京ガスクリエイターズとクラブハスキーズ、お互いに今季未勝利のチーム同士が生き残りを賭けて激突する。

 因縁めいたこの両チームの対戦、過去2戦は東京ガスが勝利している。
 昨年のリーグ戦最終節、両チームにとって悲願のXリーグ初勝利をかけた対戦となったこの試合は、地力で勝る東京ガスが、ゲームを終始コントロールし初勝利。
 一方、敗れたハスキーズは入替戦出場が決定した。

 さらに、一昨年の入替戦。Xリーグ残留をかけたハスキーズを東京ガスが10−7で下し、東京ガスはXへ昇格、ハスキーズはX2へということになった。
 その後、他チームの解散などがあり、結局ハスキーズは繰り上げでXリーグに復帰することとなったが、その間に多くの選手を失うなど、チームにとって手痛い入替戦敗戦となった。

 今季、初勝利&リベンジを狙うハスキーズが、この試合にかける思いは並々ならぬものがあるだろう。一方、東京ガスにとってもX残留を確実なものにするためにも絶対に負けられない一戦となる。

 この試合で注目となるのはハスキーズオフェンスvs東京ガスディフェンスだろう。
 QB田のパスを中心に展開するハスキーズオフェンス。WR中正を中心にWR陣も安定した力を発揮しいている。しかし、ランプレーでのゲインが非常に乏しい。
 この試合では新人RB澤田(専修大)や、RB平澤らのランでいかにゲインできるかが一つの大きなカギとなる。OLが踏ん張れるかどうか注目したいところだ。

 一方の東京ガスディフェンス。ON−SKY富士通戦では、相手の強力なオフェンスの前にラン、パス共にゲインを許したが、決して選手の能力は低くない。今季加入のLB加守田、LB神宮ら、安定した力のある選手が増えている。
 彼らがしっかりランを抑えれば、パス一辺倒になったハスキーズのパスを封じることは、さほど難しくないだろう。

 タレント揃いの東京ガスオフェンスがこの試合でゲインを重ねることは確実。それだけにハスキーズとしては極力相手オフェンスに時間を与えず、自分たちがドライブ&スコアできるかどうかがカギとなる。
 東京ガスの不安材料は、初戦でパサーQB来住野が負傷したことだろう。オプションスタイルのQB井川との使い分けでオフェンスを展開したきただけに、キャッチアップなどパスが必要な場面で、苦しくなる可能性はある。

 地力ではオフェンス力で大きく勝る東京ガスが優勢だろう。しかし、ハスキーズが先手をとり、リードして試合を折り返すことができれば、十分勝利の可能性はある。
 意地と意地のぶつかり合うこの一戦。上位同士とは、またひと味違う熱い戦いに期待大だ。