最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
試合のみどころ
鹿島ディアーズVS IBM BigBlue
2004年度開幕戦!上昇IBMが強豪鹿島に挑む!
9月10日(金)東京ドーム Kickoff 19:00
 いよいよ2004年度のXリーグが開幕する。今春2年ぶりにパールボウル制覇を果たし、今年こそ1997年以来となるXリーグチャンピオンを狙う鹿島ディアーズ。
 一方、パールボウルでは昨年Xリーグ準優勝の強豪・アサヒビールシルバースターを敗り、トップレベルのチームと遜色ない力があることを証明したIBM BigBlue。今年の開幕戦はこの2チーム対戦となった。

 この試合の大きな見どころは、鹿島ディフェンス対IBMオフェンスだろう。

 昨年はリーグ最小失点の鹿島ディフェンス。LB比留間、牧内、岡橋とリーグトップクラスの選手が揃うLB陣。抜群のテクニックを持つDB栄、昨年ルーキーながらも大活躍のDB松本、生田コンビ、今春NFLE参戦のDB佐野とタレント揃いのDB陣。DL佐々木、西川、飯田、木下と、サイズ、スピードとも揃ったDL陣。
 ベストメンバーで見る限り、超の付くほど強力なタレントが揃っており、今年も安定したディフェンスは健在だ。

 オフェンスバックフィールド陣のタレント能力ではIBMも負けていない。
 チームの看板ともいえるWRには、NFL-E経験のあるWR天谷、安田の2人、サイズとスピードを兼ね備えたWR貴志、ランニング能力が高くリターナーとしても注目のWR神田と、充実したメンバーが揃う。
 QBは非凡なパッシングセンスを持つQB岡村。そしてスピード、力強さを併せ持つRB磯谷。
 このメンバーが繰り出すバランスアタックが、鹿島ディフェンスをいかにコントロールできるかに注目だ。サイズでは鹿島DL陣に劣るオフェンスライン陣がどれだけ頑張れるかにかかっているだろう。

 一方、鹿島はオフェンスもタレント揃いだ。
 強烈なリーダーシップでチームを引っ張るQB鈴木と俊足QB笹野の2枚看板。WR板井を筆頭に、WR志田、植村、椎野らベテランと、WR東畠、松永ら若手と非常に充実しているレシーバー陣。
 RB堀口、池場、曽根、平手とトップレベルの選手が4人揃っているRB陣。そして平均体重が120kgをこえる超大型OL。どこをとっても穴のないオフェンスがIBMディフェンスを苦しめることは必至だ。

 IBMディフェンスは、主将LB小西を始め、期待の新人LB中井とLB陣は充実している。DB陣も、DB阿部、元野ら、経験豊富で安定感のある選手が揃う。
 オフェンス同様、サイズで劣るフロントがどれだけ頑張れるかにかかってくるだろう。

 また、実業団チーム同士の対戦となるこの試合、両チームともいかにベストメンバーで戦えるかが大きな鍵を握る。
 クラブチームに比較すると人数が少なく、選手層が薄いことは否めないだけに、より怪我人の少ないチームに勝利が傾く可能性は大いにある。

 地力では鹿島が優ると思われるが、IBMも力を付けてきており、接戦が予想される。
 鹿島オフェンスがランプレーで順調にドライブできるような試合展開になると、IBMとしては苦しいゲームになるが、逆に鹿島にボールコントロールをさせずシーソーゲームに持ち込めば、ラン、パス、キックとも1発TDを奪う能力の高いIBMに勝機が見えてくる。
 2004年、波瀾の幕開けとなるか。注目の一戦だ。