最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
試合のみどころ
EASTディビジョンの見どころ

鹿島、アサヒビールの2強。中堅、下位は大混戦模様

 鹿島ディアーズとアサヒビールシルバースターが優勝を争う展開になると思われるEASTディビジョン。

 まず鹿島ディアーズ。攻守ラインに負傷者を出し、駒不足だったにもかかわらず今春のパールボウルで2年ぶりに優勝を果たした。
 それも圧倒的なオフェンス力を誇るオンワードスカイラークスを1TDに押さえ込んだディフェンスは見事であった。またオフェンスも粘り強くオフェンスを進め、競い合いの末に逆転した実力は本物。
 ベテランQB鈴木と、今季成長がみられるQB笹野の両QBに、大舞台の経験豊富な新人QB尾崎(関学大)が加わり戦力は充実。またTE金(関学大)、OL倉持(筑波大)ら新人が春から活躍している。
 加えて、いぶし銀の活躍をみせるRB堀口、WR板井らのベテラン勢らも確実なプレーをみせる。

 この鹿島を追撃するのが、昨年はJAPAN X BOWL出場を果たし4年ぶりの社会人日本一にあと一歩と迫ったアサヒビールシルバースター
 今季はサウスポーQB有馬(関学大)、RB野本(立命館大)、OL二木(日体大)ら12人の新人が加入。若返りを図りながらも選手層が分厚くなっている。
 そこにディフェンスの要であるDL佐々木、LB玉井、オフェンスの要、QB金岡らのベテランがうまく調和している。
 順当にいけば、この両チームが11月2日の『東京ドーム全勝決戦』で雌雄を決するだろう。

 この強豪2チームに一泡吹かせようとしているのが、昨年Xリーグに返り咲き、過去最高の3勝をあげた五洋建設パイレーツ
 五洋建設はQB君川を中心にオフェンスを進める。TE二宮、WR松下をターゲットにしたパスと、RB林、阿部、古谷とタイプの異なるランナーが地上戦を展開する。
 ディフェンスもDL久原、山下らのラインに主将LB高岸、矢作らLB陣が堅守を誇り、初のFINAL6出場を狙う。

 そしてオール三菱ライオンズ。DB田尻主将を中心にDL西村、LB鷲井らがアグレッシブなディフェンスを繰り広げる。
 オフェンスはQB木目田、佐藤がショットガン体型から展開する副将WR堀川らへのパスと、RB笹岡、堀田らRB陣のランプレーで前進を図る。また立命館大学で俊足レシーバーとして活躍し、今季加わったWR冷水は、注目の大型新人。

 学生援護会ROCBULLは、今季、創部当時からチームを指揮してきた知将ジョン・ポントヘッドコーチがアドバーザーとなり、松岡コーチがヘッドコーチに就任した。
 リーグ戦2勝が過去最高成績だが、今季こそはこの壁を突き破りたいところ。強力なオフェンスラインを生かしてQB吉田、増田の両司令塔がパスオフェンスを展開する。

 IBM BigBlueは今季でX3年目。昨年は善戦するものの勝ち星に恵まれなかった。今年はまず1勝。
 初戦は鹿島(9月10日、東京ドーム)、続いてアサヒビール(9月25日、西武ドーム)と強豪とのタフな戦いが続くが、アップセットを獲得して勢いにのりたい。

 五洋建設をはじめ、ディフェンスに定評のあるオール三菱、今春は強豪・富士通フロンティア−ズに勝利した学生援護会、春はアサヒビールに大勝したIBM。この4チームとも実力は拮抗している。僅差の戦いが予想されるだけに対戦が楽しみだ。