最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
ファイナル6 ロゴ


  今季のアサヒビールシルバースターは、進境著しいIBM BigBlueに敗れてFINAL6出場が危ぶまれた。
 しかし、最終節の戦いで鹿島ディアーズを気迫で破り、4勝1敗と同率ながら得失点差でIBM BigBlueを上回り、CENTRAL2位を獲得。3年連続9回目のFINAL6出場を決めた。
 今年は日本社会人リーグがXリーグとなって10年目。アサヒビールのFINAL6出場9回は、松下電工インパルス、オービックシーガルズとともに最多を誇る。

 今季のアサヒビールは、初戦の学生援護会ROCBULLに総獲得ヤードでは下回ったが、試合巧者ぶりをみせて27−6で勝利。順調な滑り出しであった。

 続く第2戦の相手はIBM BigBlue。
 「浮ついて、ミスが多かった」と深堀ヘッドが反省したように、前半は20−13と有利に進めながら、後半は得点をあげることができずに20−29で逆転負けを喫し、この時点でFINAL6出場に黄信号が点った。

 その後のルネサスハリケーンズ戦では、前節の鬱憤を晴らすかように10TDを奪う猛攻で76−6と圧勝。続く日産スカイライナーズでは、RB伊是名が4TDをあげる活躍で28−17の逆転勝ち。最終戦へと望みをつないだ。

 そしてFINAL6出場を賭けて鹿島と対決。IBMは、この試合の前に行われたルネサスとの最終戦で49−32と勝利し、4勝1敗とした。
  この結果、アサヒビールは鹿島に勝利しないとFINAL6への出場が閉ざされる“崖っぷち”に追い込まれた。

  試合後「実に素晴らしいプレーをした」と敵将・鹿島の森ヘッドコーチをうならせたアサヒビールQB金岡が前半からリズムよくパスを決めてゲインする。
 WR井本へのパスTDで先制。続いてRB伊是名のランTDで14−0と試合をリードする。第2Qには、K山口が40ヤードのFGを決めて17−0と前半終了。

 「背水の陣だった。最初のオフェンスシリーズが運良く運べた」と、深堀ヘッドコーチが満足した展開だ。
 第3Qには、再びQB金岡からWR井本に9ヤードTDパスが決まり24−0。しかし鹿島はRB平手のTDランで7−24。第4QにはQB鈴木からTE八百板への7ヤードTDパスで14−24と追いすがるが、アサヒビールディフェンス陣が鹿島オフェンスを防ぎ切り、値千金の勝利を手に入れた。

 「今年は力を入れてきたオフェンスが成長した。特に昨年ケガがちだったオフェンスラインとRB陣のウェートトレーニングやコンディショニングがうまくいった」と深堀ヘッドコーチ。

 FINAL6準決勝では、今季絶好調のオービックシーガルズオフェンスを最後まで粘り強く押さえ、あと一歩と云うところまで健闘したが、惜しくも破れてしまった。

FINISH RESULT 2005
  9月13日
27−13
vs 学生援護会ROCBULL
  9月25日
20−29
vs IBM BigBlue
  10月09日
76−6
vs ルネサスハリケーンズ
  10月23日
28−17
vs 日産スカイライナーズ
  11月05日
24−14
vs 鹿島ディアーズ
Final6 11月20日 22−19 vs アサヒ飲料チャレンジャーズ
Final6 12月03日 7−13 vs オービックシーガルズ


  2005年リーグ戦の戦績
SCORE

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
総得点 55 41 33 46 175
Avg(5試合) 11.0 8.2 6.6 9.2 35.0
総失点 6 20 31 22 79
Avg(5試合) 1.2 4.0 6.2 4.4 15.8

OFFENSE

PASS ATT AVG RUSH ATT AVG TOTAL ATT AVG
総獲得ヤード 946 122 7.8 703 170 4.1 1649 292 5.6
Avg(5試合) 189.2 24.2 7.8 140.6 34 4.1 329.8 58.4 5.6

DEFENSE

PASS ATT AVG RUSH ATT AVG TOTAL ATT AVG
総喪失ヤード 643 120 5.4 679 159 4.3 1322 279 4.7
Avg(5試合) 128.6 24 5.4 135.8 31.8 4.3 264.4 55.8 4.7