最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
ファイナル6 ロゴ


  昨年、一昨年と全勝でディビジョン優勝をしてきたオンワードスカイラークス(ON−SKY)。今季は4勝1敗の2位でプレーオフ進出を獲得した。

 2005年はON−SKYにとって試練の年だと言えるだろう。

 昨シーズン終了後、WR神、DL早崎、LB時本らの中心選手が引退すると、今季は大幅な体制変更のもとスタート。
 オンワードオークス時代よりチームを支えてきた野田GM、ダニエル・リンズヘッドコーチ兼前ディフェンスコーディネーター、小宮アシスタントヘッドコーチのトップ3、さらには日本代表チームでも活躍していた須永オフェンスコーディネーター、森DBコーチと、チームの中核を担っていたスタッフが多数退陣。

 戦術面・精神面の両面において大きな支柱を失いつつも、刷新したスタッフ体制で、新生ON−SKYは発進した。

 だがキャプテン城ヶ滝を中心にチームがまとまりはじめた矢先、事件は起きた。
 所属選手が起こした不祥事により、チームは一時活動を休止。最終的にパールボウルへの出場辞退、春シーズンの対外試合を一切自粛という形で責任をとることとなり、活動の継続、秋季リーグ戦への出場は可能になった。
 しかしこれは新体制でスタートしたチームにとって、モチベーションの部分、システムの浸透という部分、そしてフットボールを行う環境そのものに大きなダメージを与えることとなった。

 この苦しい時期を越えて迎えた秋季リーグ戦。
 実に9ヶ月ぶりの公式戦となる開幕戦では、今季合併1年目で意気あがるパイレーツに、あわや敗戦かというところまで肉薄される。
 続くオール三菱ライオンズ戦でも調子が上がらない。「今年は何かがおかしい」と思われた状況の中で迎えた富士通フロンティアーズ戦。均衡した試合で何とか勝利を納めると、第4節のオービックシーガルズと富士通戦の結果によりFINAL6進出が決定する。

 これにより、チームが抱えてきた最大の不安が払拭され、チームは明るさと自信を取り戻しはじめた。しかし、続く東京ガスクリエイターズ戦でもプレーの調子は上がりきらない。

 最終戦のオービックシーガルズ戦では、主導権を一度も掴むことのないままに完敗を喫する。昨年までのON−SKYであれば、ここでチームの雰囲気が極端に落ちてしまうところだが、今季はこれまで苦しんだこともあり、この敗戦にもチームの意識は前向きだ。

  個々のプレーヤー、一つ一つのプレーを見る限り、決して昨年までと大差がある訳ではない。
 では、「今年は何かがおかしい」のはどこかといえば、昨年まで看板となっていたハイパーオフェンスがナリを潜めていることだろう。
 一試合平均得点が51.6点だった昨シーズンに対し、今季は16.8点。その原因として考えられるのがターンオーバーと、要所での手詰まり感だ。
 新しいオフェンスコーディネーターを迎えてからの試合経験の少なさがその大きな要因。このリーグ戦での苦しい経験を活かし、どこまで得点力を復活できるかが鍵を握る。

 FINAL6では、持ち前の得点力はついに復活ならず。「選手には力があるチーム、チームとしての力を発揮できなかったのは自分の責任、選手達はよくやってくれた」と市瀬ヘッドコーチ。 

  「もう(2006年は)始まってますから」。ON−SKYは2006年の新たなスタートを切った
 

FINISH RESULT 2005
  9月11日
19−14
vs パイレーツ
  9月25日
24−7
vs オール三菱ライオンズ
  10月06日
13−7
vs 富士通フロンティアーズ
  10月23日
28−7
vs 東京ガスクリエイターズ
  11月06日
0−21
vs オービックシーガルズ
Final6 11月21日 6−27 vs 鹿島ディアーズ


  2005年リーグ戦の戦績
SCORE

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
総得点 17 27 13 27 84
Avg(5試合) 3.4 5.4 2.6 5.4 16.8
総失点 21 21 7 7 56
Avg(5試合) 4.2 4.2 1.4 1.4 11.2

OFFENSE

PASS ATT AVG RUSH ATT AVG TOTAL ATT AVG
総獲得ヤード 1006 173 5.8 616 149 4.1 1622 322 5.0
Avg(5試合) 201.2 34.6 5.8 123.2 29.8 4.1 324.4 64.4 5.0

DEFENSE

PASS ATT AVG RUSH ATT AVG TOTAL ATT AVG
総喪失ヤード 736 136 5.4 335 121 2.8 1071 257 4.2
Avg(5試合) 147.2 27.2 5.4 67 24.2 2.8 214.2 51.4 4.2