最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
試合結果

試合日 '06.10.22 試合名 X2リーグ CENTRAL
試合開始時刻 17:40 会 場 横浜スタジアム
試合終了時刻     天 候 曇り

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ブルザイズ東京 7 3 7 0 17
クラブダイノス近鉄 0 7 0 0 7

 あいにくの雨の中、横浜スタジアムにてブルザイズ東京とダイノス近鉄の試合が行われた。

 ブルザイズのキックオフにて試合開始。
序盤、ブルザイズ・ダイノスともにランを中心としたオフェンスを展開。1Q開始早々ダイノスQB森口のピッチをRB中村が痛恨のファンブル。これをブルザイズDL湯浅がリカバーし、ターンオーバー。この直後のプレーでブルザイズRB岸原の華麗なランで一気にエンドゾーンへ運ぶ。7−0でブルザイズがリードする。しばらく膠着状態が続いた。1Q終了近くにQB森口の好判断が冴え、さらにブルザイズの反則もあり、一気にブルザイズ陣20ydまで攻め寄る。ここで1Qが終了。

 2Qに入り、ダイノスRB中村が好走し、さらにQB森口のキープで7ydの所まで押し進める。今日RBに入った畔柳がキャリーし、最後はダイブしてTDを奪う。7−7の同点に追いつく。2Qは膠着状態が続き、このまま前半を終えるかと思われたが、ブルザイズRB関の好ランが続きダイノス陣内20ydまで入り込み、FGで3点を追加。ダイノスを突き放し前半を終える。


守備陣の頑張りに応え、 1発ロングゲインで
効率よく点を取ったブルザイズ東京オフェンス

多様なフォーメーション・プレーで挑むも
1TDにとどまったダイノス近鉄オフェンス
 後半はダイノスのキックで試合再開。ブルザイズはラン攻撃を軸にし、ジワジワとダイノス陣内へ進んできた。ダイノス守備陣が我慢を重ねる中、ブルザイズQB横山からTE由良へのパスが決まる。TE由良はこのままボールを持ちダイノス守備陣をかいくぐりエンドゾーンへ。17−7とリードを広げる。このまま終われないダイノスは再三反撃を試みるが、ブルザイズディフェンスに阻まれ、QB宮本も反撃の糸口が見つからないまま3Qが終了する。

 4Qではブルザイズは攻撃の手を緩めることなくダイノスに襲いかかった。RB岸原・関のランでゲインを重ねていった。もう失点が許されないダイノスはゴール前5ydまで攻め込まれた場面でダイノスがファンブルリカバーからターンオーバーを奪う。QBを宮本から森口に交代し、流れをつかもうとするが決め手に欠きP三重野のフェイクラン成功のチャンスを生かすかに思えたが、一度傾いた流れを引き戻すことができず、ブルザイズに攻撃権を渡してしまう。流れに乗ったブルザイズはゴール前までボールを進めるが、集中力が切れたのかまさかのファンブルロスト。ダイノスに攻撃権を渡してしまう。しかしときすでに遅く、ファイナルスコア17−7でブルザイズがダイノスを下した。

チーム名 ブルザイズ東京 ダイノス近鉄
ファーストダウン(ラン−パス−反則) 16 10
(パス)  試投−成功−インターセプト
          獲得ヤード
15-7-0
171Yds
12-4-0
40Yds
(ラン)  回数−獲得ヤード 31-186Yds 40-124Yds
(攻撃)  回数−獲得ヤード 46-287Yds 52-164Yds
(反則)  回数−損失ヤード 6-30Yds 7-55Yds
(ファンブル)  回数−喪失 2-2 2-1
(フィールドゴール) 回数−成功 1-1 0-0


結果報告一覧に戻る

X2 星取り表を見る