最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ

三和銀行vs日産プリンス東京

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

三和銀行 ラークヒルズ

7

7

0

0

14

日産プリンス東京 パルサーズ

0

0

7

6

13


拙攻と自滅。パルサーズ1点差に泣く。

 前節、1点差で昨年の王者リクルートを破った日産プリンス東京が、すかいらーくに敗れあとがない三和銀行相手に、今節は1点差に泣いた。

 立ち上がりの第1Q、最初にチャンスを掴んだのは三和銀行。先発QB重崎は、雨天のためか、ボールが手につかない。自陣44ydからの攻撃は、三回続けてエクスチェンジ・ミスし、第4ダウンは敢えなくパント。しかし、パントされたボールを日産プリンス東京のリターナーがファンブル。すかさず三和銀行がリカバーし、敵陣18ydから再度攻撃権を獲得した。
 この願ってもないチャンスに三和銀行はベテランQB佐藤を投入。QB佐藤はWR藤縄にパスをヒットさせ、TD。7-0と三和銀行が先制した。
 その後、三和銀行はLB玉井、DE荒川、日産プリンス東京はDL藤井、LB大久保を中心としたそれぞれのディフェンスが健闘、たがいにチャンスを生かせない。

 そんな中、第2Q2分過ぎ、日産プリンス東京がパントしたボールを三和銀行PR石井がリターン、そのままエンドゾーンまで走りきるというビッグプレーが飛び出し、三和銀行が14-0とし、前半を折り返した。

 第3Q8分過ぎ、日産プリンス東京が自陣28ydからの攻撃をトリプルオプションのギブを中心とした組立でTDに結びつけ7-14とした後は、俄然日産プリンス東京ペース。
 TD直後の三和銀行の攻撃でファンブルを誘い、DL藤井がリカバー。敵陣40ydからの攻撃はRB関野などの活躍でTD。同点に追いついたかと思われた。
 しかしTFPのキックはゴールをそれ、13-14で1点差を残してしまう。第4Q、三和銀行は自陣を抜け出すことはおろかファーストダウンすらとれない。
 一方の日産プリンス東京も相手の拙攻で再三巡ってくるチャンスを生かし切れず、第4Q9分過ぎに37ydのFGチャンスも失敗、結局そのままタイムアップとなった。

 苦しい試合をものにした三和銀行・塚本監督は「とりあえず一つ勝ててよかった」と安堵の表情を見せた。しかし、トータルで46ydと攻撃力の決定的な課題を克服出来ない限り、今後も苦しい展開が続くだろう。
 一方の日産プリンス東京はQB板坂が「自滅」とするように、再三めぐってきた敵陣での攻撃権を自らのファンブルなどで潰すなど、決定力に欠け、やはり今後に課題を残す。

 


試合結果を見る

個人記録を見る