最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ

三和銀行 VS レナウン

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

三和銀行 ラークヒルズ

3

0

0

0

3

レナウン ローバーズ

7

9

0

3

19


超ベテランQB鈴木の活躍でレナウン初勝利!

 三和銀行ラークヒルズ、レナウンローバーズともにリーグ戦で勝ち星に恵まれないチームの戦いとなったこの試合。レナウンが先制を許したものの、超ベテランQB鈴木(隆)の活躍で19−3で三和銀行を下し、初の勝ち星あげた。

 第1QレナウンはショットガンフォーメーションからQB鈴木がパスを投げ分けて攻撃を進めるが、三和銀行DB中村に痛恨のインターセプトを奪われる。このチャンスに三和銀行はスターターQB新人・横山(青山学院大)が攻撃を指揮しWR西、RB佐藤(敦)へのパスで敵陣9ヤードまで進入する。
 しかしレナウン守備陣の必死のタックルもあってTDが奪えず3分52秒、K榎本が32ヤードFGを決め先制。

 追うレナウンは、RB田中のランプレーとWR和田へのパスで敵陣27ヤードまで攻め込む。そしてフォースダウンギャンブルでQB鈴木が投げたパスをTE金子(典)が三和銀行のDB陣と争いながらキャッチ。敵陣1ヤードまで進む。
 最後はRB田中が左オープンを走りきり逆転TD。7−3とする。

 9分50秒には、レナウンはDB戸川がインターセプトを奪い、RB福本のランプレー、WR柳川へのパスで攻撃を進める。
 ここで三和銀行守備の要、DE荒川がレナウン攻撃ラインの激しいブロックを受けて退場するハプニング。レナウンはTE前野、WR柳川へのパスでファーストダウンを重ね、第2Q8秒にRB福本が三和銀行守備をスルスル抜けて28ヤードを独走TD(TFPキック失敗)。13−3とリードを広げる。

 その後もレナウンは、QB鈴木がショットガンフォーメーションからRB池田、相澤のランプレー、TE金子(典)のパスプレーで前進を図り、RB池田の3連続ランプレーで敵陣9ヤードまで進入。ここはTDが奪えず、新人K吉田(西南学院大)が27ヤードFGを決めて16−3とする。
 三和銀行はQB横山からSE小坂へのパスプレーで敵陣に入るものの、レナウン守備陣に前進を阻まれ追加得点を奪うことができない。

 後半に入りレナウンはQBを中島に代えて攻撃を展開する。2分18秒に三和銀行DB中村がこの試合2本目のインターセプトを決め、三和銀行は反撃を開始する。しかしここでもレナウン守備陣の分厚い守りに敵陣にすら入り込めない。
 逆に第4QレナウンはRB池田のランで敵陣35ヤードに攻め込む。フェイスマスクの反則などで1 9ヤードまで攻撃を進め、K吉田が33ヤードのFGを決めて19−3と試合をほぼ決定づける。
 三和銀行はRB林のランプレーなどで敵陣18ヤードまで攻め込むものの、レナウンDB羽鳥のインターセプトで攻撃を断ち切られる。

 その後の攻撃でもレナウン陣内32ヤードまで進めるが、ここでもレナウンDB戸川がインターセプトして反撃を食い止めた。三和銀行はレナウン強力守備の前にパス58ヤード、ラン14ヤード、総獲得72ヤードに封じ込められたのが、痛かった。

 レナウンの鈴木ヘッドコーチは「私が今日の試合で先発することは、夏合宿から決めていた。逆の意味での「決勝戦」だからね。前半で3TDを奪う予定だったが、出来は50点。ランプレーを中心にしたショットガンで攻撃を組み立てる作戦通りの展開。攻撃ラインがよく頑張ってくれた。1FGに押さえてくれた守備はよかったが、点が取れない攻撃内容に反省しなければ。ツメが甘すぎる」と初勝利にも、今季の厳しい戦況に表情は硬い。

 


試合結果を見る

個人記録を見る