最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ

松下電工 VS アサヒ飲料

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

松下電工 インパルス

0

0

0

0

0

アサヒ飲料 チャレンジャーズ

7

7

6

3

23


松下電工完敗!いきなりの天王山はアサヒ飲料に軍配!

 春の雪辱を果たしたい松下電工インパルスと、ますます勢いに乗るアサヒ飲料チャレンジャーズが対戦。開幕戦だというのに、試合開始早々激しいプレーの連続だ。

 松下電工は期待の新人RB樫野がスピードあふれるプレーをみせれば、ベテランDB野村もスーパーインターセプトで応える。
 アサヒ飲料もRB丸山がオフタックル付近をタックルをふりほどいて走れば、DLがQBサックで松下電工のチャンスの芽を摘む。

 試合が動いたのは、アサヒ飲料の2シリーズ目だ。
 第4ダウンでFGのフォーメーションから田中がパントを蹴り、松下電工陣内1ヤードでボールを止めて攻撃権を放棄した。そこからの松下電工の第1プレーでQB高橋が、中央を突破しようとしてボールをファンブルし、思わぬところからのアサヒ飲料の攻撃となった。
 ゴール前2ヤードから丸山がインチまで迫り、最後はサンスターからシーズン直前に移籍したRB中村が、持ち込んでTD。先制点を奪った。

 なんとか追い付きたい松下電工だが、春とは違うアサヒ飲料のアグレッシブな守備にQB高橋がパニックに陥る。また樫野、粳田のランも、阿部、山田らが率いるアサヒ飲料守備陣に全く歯が立たない。
 松下電工が、なんとファーストダウンも奪えないまま迎えた前半終了間際、アサヒ飲料はQB田中からWR茨木、梅田へのパスや、RB中村のランでゴール前まで迫り、最後はWR池田へのランプレーフェイクのパスが決まって14−0とリードした。

 アサヒ飲料の守備リーダーを務めるLB山田が「前半にリードしていたことなど全く考えませんでし た。絶対にハーフタイムの間に攻撃のパターンを変えてくると思いました」と、気を引き締め直した後半もアサヒ飲料の勢いは衰えなかった。

 3Q、鉄壁の守備をどうしても破ることができない松下電工が、またも痛い失点を奪われる。
 第4ダウンでパントフォーメーション。スナップを受けたパンター平船が蹴ったボールをラッシュしてきた高井がブロックし、エンドゾーンで押さえ込んでTD。TFPは失敗したが、アサヒ飲料が20−0とさらにリードを広げた。

 流れを変えたい松下電工は、ここでQBに渋谷を投入。持ち前のパスをテンポ良く決め、また相手守備の反則も誘ってゴール前8ヤードまで迫る。
 しかし、ここからはアサヒ飲料の守備が底力を見せて、QBにプレッシャーをかけまくり松下電工は得点につなげる事ができなかった。

 第4Qにもアサヒ飲料のFGが決まり、勝負あり。松下電工は西日本における秋季リーグ連勝記録を55でストップさせられたばかりか、完封負け。
 獲得ヤードもわずか136ヤードと完膚なきまでに打ちのめされた。

 アサヒ飲料の藤田ヘッドは「守備がいい仕事をしてくれました。TDのうち2本は守備で作ったものですからね。試合前はどのような展開になるか予想ができなかったので、1プレーずつ集中しようと指示はしていましたが、選手がアグレッシブに動いてくれたと思います」と、精神面で松下を圧倒した選手を褒める。
 一方の川口監督は「あれだけミスが出たらあかんね。ただ、これで終わりではないので、ファイナル6出場目指して、残りは全勝できるよう頑張ります」と、腑甲斐ない試合に反省しきりだった。

 


試合結果を見る

個人記録を見る