最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ

サンスター VS アサヒ飲料

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

サンスター ファイニーズ

0

0

0

7

7

アサヒ飲料 チャレンジャーズ

0

7

0

14

21


ミラクルチャンピオン!藤田チャレンジャーズ!

 アサヒ飲料チャレンジャーズが、サンスターファイニーズを21-7で破り、最終戦を待たずにリーグ戦での初優勝を決めた。
 京都大から迎えられた藤田ヘッドコーチは就任1年目にして、前年最下位から優勝という快挙を成し遂げ、試合後には選手から胴上げをされるなど喜びもひとしおだ。

 試合は、緊迫したムードの中で始まった。春のグリーンボウルトーナメント決勝戦と同じ顔合わせ。しかも、勢いこそアサヒ飲料にあるものの、春は13-8でサンスターが優勝を果たしており両チームとも一歩も譲らない激しい攻防となった。

 試合が動いたのは第2Qの中盤だ。サンスターのP永井が第4ダウンでパントを蹴り、これをアサヒ飲料のPR横山がリターン。しかし、激しいタックルを受けてファンブルし、相良がリカバー。再びサンスターの攻撃が自陣42ヤードから始まった。
 ここからサンスターは、QBにベテランの浅井を投入し、井場へのスクリーンパスでまずファーストダウン獲得。また、TE桜庭へのクイックパスや、RB山崎のランで敵陣34ヤードまで攻め込んだが、最後は決め手に欠き、再びパントとなった。
 永井が蹴ったボールは、また横山の所へ。しかし、今度はボールをしっかりと抱えてタックルも振りほどき91ヤードのビッグリターンTD。横山が数分のうちにミスを帳消しにするプレーで、前半終了間際に先制点を奪った。

 なんとか同点に追い付きたいサンスターだが、FGを失敗したり、反則などでなかなか得点をすることができない。あせりがプレーにも出て、RB磯田が「1ヤードでも前に」と思って出したボールをファンブル。アサヒ飲料にゴール前11ヤードからの攻撃を許し、最後はRB進藤へのパスで14ー0とアサヒ飲料がリードを広げた。
 粘るサンスターも次のシリーズで、RB井場のビッグランでTDを奪うが、アサヒ飲料もRB中村がパワフルに35ヤードを走りTD。21-7として試合を決定づけた。

 就任1年で優勝を果たした藤田ヘッドコーチは「選手が本当によくやってくれたと思います。ただ、守備を中心としたチームには仕上がっていますが、まだ攻撃は確立されていませんので、優勝で満足せず、もうワンランク上を目指します」とどこまでも冷静だ。
 また4試合で失点が14点と圧倒的な強さを見せた守備の要、LB山田は「松下電工と初戦で当たれたことが、このような結果に結び付いたと思います。今当たったらどうなっていたか不安ですわ。リーグ戦はずっと出来過ぎでしたね。ただ、チームがリードされたことがなかったので、精神面ではかなり楽でした」と笑顔で話す。

 一方、アサヒ飲料を上回る攻撃ヤードを稼ぎながら破れたサンスターの村田ヘッドコーチは「何で負けるのかなという思いが強いです。特に守備は今シーズン最高の状態でしたから、本当に申し訳ないです。負け慣れるのは嫌ですし、なんとか来年につながる勝ち方を最後はしてみたいですね」と話していた。

 


試合結果を見る

個人記録を見る