最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
マイカル
画像  WESTを2位で通過し、3年ぶりにファイナル6出場を果たしたマイカルベア−ズ。
 リーグではダントツの強さを見せ初優勝の呼び声も高かったが、第4節でアサヒ飲料に0−6で敗れ、悲願実現には至らなかった。

 その悔しさを晴らすべく出場するファイナル6だが、「対戦相手の分析が大変だが、ある意味で1ヶ月スケジュールが空くより、2週間毎に試合のある方がチーム状態は維持しやすい。それと関東の守備を相手にするうちの攻撃ならランであと100ヤードは出せると思うので、積極的にアタックしていきたい」と久保田監督。

 今季さらにパワーアップしたオフェンス。まずはなんといってもチーム創設時より支えてきたQB夏目のパス力のアップに注目したい。
 これまで優れたRBを擁しながら安定した成績を残せなかった理由の一つにQBの力不足が挙げられていたが、今シーズンは見事に夏目が変身。リーグ戦が終わった時点で、パス獲得ヤードリーグナンバー1。成功率も56、45%と高さを誇った。
 また、そのターゲットとなったのが、エースWR竹田、そして東野だ。こちらも捕球回数でリーグ2位と7位という好成績。これまでランのチームのというイメージの強かったマイカルに新風を巻き起こした。

画像  『伝家の宝刀』RB陣も健在だ。こちらはRB波武名が、これまでエースとしてチームを支えてきた山口に代わってすばらしい走りを披露する。もちろんラッシング記録1位。持ち前のスピードに加えテクニックも身につけ、押しも押されぬエースに成長した。

 また新人のRB杉山(立命)も大事な最終戦にスタメン出場。「僕が足を引っ張らないように」と心がけて試合に臨み、9回のキャリーで102ヤードを稼ぎ出した。シーズン前半は全く良いところがなかっただけに、ファイナル6を前に実力を発揮できたことは、チームにとっても大きいことだ。

 一方のディフェンス陣、。DL河野、国枝、LB荒木、金子らのラン守備は抜群だ。
 RB中村、吉田の揃うアサヒ飲料戦では76ヤード、RB井場、山崎らのいる湖北ファイニーズを相手にしてもわずか57ヤードの喪失だった。となるとあとはパス守備となるが、こちらは久保田監督も少し心配そうだ。
 「はっきり言って、それ(パス守備)以外は心配していません。それも、技術的なことでなく、頭脳的な課題を克服してくれればいいことなんですがね」。
 WESTにはない関東のフットボールを相手にどこまで絶えることができるかが、守備の課題となるだろう。

 また、マイカルには今季からK山口が加入したことが大きい。攻撃がハーフラインを越え、敵陣30ヤード付近まで進めば、3点は確実なだけに相手にとっても脅威だろう。

 リーグ戦であと1インチを取れば同点という場面で、そのチャンスを逃したチームが、ファイナル6でどのような戦いを見せてくれるか。
 能力の高い選手達が、リーグ戦で学んだ『1インチを大切にするプレー』を展開することができれば、念願の日本一もそう遠いところにはないだろう。



FINISH RESULT 1999
 9月 4日 23- 6 vsイワタニサイドワインダーズ
 9月19日 20- 6 vs井内盛栄堂ブラックイーグルス
10月 1日 21- 7 vs松下電工インパルス
10月17日  0- 6 vsアサヒ飲料チャレンジャーズ
10月31日 28- 6 vs湖北ファイニーズ


  99年リーグ戦の戦績

SCORE

1Q
2Q
3Q
4Q
TOTAL
総得点
38
16
10
28
92
Avg(5試合)
7.6
3.2
2.0
5.6
18.4
総失点
3
10
12
6
31
Avg(5試合)
0.6
2.0
2.4
1.2
6.2

OFFENSE

PASS
ATT
AVG
RUSH
ATT
AVG
TOTAL
ATT
AVG
総獲得ヤード
587
84
7.0
968
196
4.9
1555
280
5.6
Avg(5試合)
117.4
16.8
7.0
193.6
39.2
4.9
311
56
5.6

DEFENSE

PASS
ATT
AVG
RUSH
ATT
AVG
TOTAL
ATT
AVG
総喪失ヤード
434
114
3.8
290
138
2.1
724
252
2.9
Avg(5試合)
86.8
22.8
3.8
58
27.6
2.1
144.8
50.4
2.9