アサヒビール VS 富士通

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

アサヒビール シルバースター

14

7

7

14

42

富士通 フロンティアーズ

0

6

14

15

35


富士通の猛追あと一歩!シルバースター3勝目。

 開幕から快調に勝ち星を積み重ねているアサヒビールシルバースターと1勝1敗の富士通フロンティアーズが川崎球場で対戦した。

 試合最初のプレーでシルバースターにいきなりビックプレイが生まれた。富士通のキックオフをキャッチしたリターナーの稲垣が、スピードでカバーチームを振り切り、一気に100ヤードのリターンTD。
 シルバースターが試合開始僅か20秒で7−0とリードを奪った。

 その後も試合を有利に進めるシルバースターは、QB金岡からRB小林へのパスで富士通陣奥深く攻め込み、最後は金岡がエンドゾーンに飛び込んでTD。14−0と点差を広げた。

 富士通が反撃に転じたのは1Q終盤。QB中澤からWR久保田、WR佐藤へのパスで前進してK西岡がFGを成功させて14−3とした。その後、富士通はFGを追加。シルバースターも前半最後のプレイで、QB金岡がWR中尾に41ヤードのTDパスをヒット、21−6でハーフタイムを迎えた。

 3Qにはいると、シルバースターはQBに東野を投入。その東野がWR梶山に44ヤードのTDパスを決めて28−6とした時は、シルバースターの優位は揺るぎないと思われた。

 しかし、ここから富士通の猛反撃が始まる。QB中澤、RB森本の活躍でダウンを更新、最後は4thダウン3から、QB中澤がダブルカバーされているWR久保田に絶妙なパスを成功させてTDを奪う。TFPもQB中澤が、エンドゾーン左隅に走り込んだRB森本にパスをヒット、14点差とした。

 続くオフェンスでも富士通はRB森本、RB平塚のランでシルバースター陣に迫り、今度はRB森本がOLの力強いブロックの後ろを走ってTDを挙げる。

 8点差に迫られたシルバースターは、QBを金岡に戻して再びリズムを掴み直す。パスを中心に前進した後、RB中村が12ヤード走ってTD、35−20とした。

 しかし、富士通も諦めない。直後のキックオフでベテランの秋元が89ヤードのキックオフリターンTD。TFPも2点コンバージョンを成功させて、再び7点差まで迫る。

 波に乗る富士通は、次のシルバースターのオフェンスにダウンの更新を許さず、自陣36ヤードで攻撃権を手に入れる。
 だが、反撃もここまでだった。シルバースターディフェンスの激しいプレッシャーでパントに追い込まれると、逆にQB金岡からWR鈴木へのパスでTDを許してしまい、結局42−35でシルバースターの勝利に終わった。

 「オフェンスは悪くなかったがディフェンスは全然駄目。もう一度基礎からやり直す必要がある」とリーグ戦3勝目ながら、後半に富士通の猛追を許したディフェンス陣に、阿部監督は不満をぶちまけた。  


試合結果を見る

個人記録を見る