XリーグTOPへ
Xリーグは発足した1996年より2008年シーズンまで実施してきたリーグ戦(各チーム5試合)とプレーオフトーナメントのFINAL6を経て、トーナメント決勝の日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」で社会人王者を決める方式から、2009年シーズンより「リーグ戦の試合数増加」「実力拮抗した試合数増加」「東西交流の試合数増加」を目的とし、リーグ方式を改編します。
改編のポイントとして社会人王者を決める「ジャパンエックスボウル」へ駒を進める過程をステージ制として導入し、全18チームが戦うリーグ戦をファースト・ステージ、セカンド・ステージとし、勝ち上がった4チームで戦うプレーオフトーナメントをファイナル・ステージとします。プレーオフ決戦「ジャパンエックスボウル」で勝利したチームがXリーグ王者となります。
リーグ戦順位決定方法  
新リーグ方式について
  10/30(金)
【ROAD to JAPAN X BOWL】特設ページを設置しました
セカンドステージのポスター、チラシが完成しました
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.