Xリーグ 頂上決戦 [Final6 / JAPAN X BOWL 2007] OFFICIAL PAGE
アメリカンフットボール観戦方法
   (協力:オービックシーガルズ)
開催概要 チケット情報
開催概要 チケット情報
みどころ 試合結果 みどころ 試合結果


Final6・JapanXBowl 2007 > 出場チーム情報 > 鹿島ディアーズ
出場チーム情報

CENTRAL 1位
(Final6出場回数:8回)
オフィシャルサイト : http://www.kajima.co.jp/deers/home.html

10年ぶりの日本一へ。安定感を増したランオフェンス。
鹿島ディアーズが社会人王者になったのは、97年シーズン。昨年は決勝戦JAPAN X BOWLに駒を進め、オンワードスカイラークスと接戦を繰り広げるも、21-24で惜敗を喫した。

10年ぶりの日本一奪取を目標とする今シーズンは、開幕戦から第4節まで相手に付け入る隙を与えず、4戦全勝で、昨年2度も苦汁を嘗める結果となった相手、オンスカイとの最終節を迎えた。

試合開始序盤から、互いに譲らない状況が続き、4Qまで0-3と、手に汗を握るディフェンス戦が続いた。4Qに入りオンスカイがタッチダウンを奪う。これにより0-10とされた鹿島は、追撃を開始。

フィールドゴールで3点を返すと、オンスカイのミスに付け入り、タッチダウンを奪う。これで9-10。TFPのキックが決まれば同点となるが、鹿島ベンチは勝利を狙い2点コンバージョンを選択。しかしこれをオンスカイのディフェンスに喰い止められ失敗。その後得点を奪うことができず、最終スコア9-10でまたしても苦汁を嘗める結果となった。

ここ数年、惜敗が続く中、10年ぶりに日本一を奪取できるか。
CENTRALディビジョン1位の鹿島ディアーズは、11/19(月)19:00東京ドームにて、EASTディビジョン2位のオービックシーガルズと対戦する。

2007年リーグ戦 戦績
第1節 ○ 52- 3 東京ガス ●
第2節 ○ 38- 6 明治安田 ●
第3節 ○ 27-20 IBM ●
第4節 ○ 52- 0 富士ゼロックス ●
第5節 ● 9-10 オンスカイ ○

2007年リーグ戦 勝敗数:4勝1敗








日本社会人アメリカンフットボール協会 Copyright (C) 2007 NFA All Rights Reserved
富士通フロンティアーズ アサヒ飲料チャレンジャーズ オンワードスカイラークス オービックシーガルズ 鹿島ディアーズ 松下電工インパルス