XリーグTOPへ
開催概要 出場チーム 星取表 試合結果
《特集》 セカンドステージに向けて
EAST CENTRAL WEST


 レベルの高いディビジョンを勝ち上がった1位 富士通 2位 鹿島 3位 IBM。この3チームのポテンシャルは、かなり高い。

 ディビジョンの1位は過去の対戦成績からも鹿島優位かとの見方もあったが、自力は互角であった。今までは試合巧者の鹿島に屈していた感のあった富士通であったが、集中力を持続できれば十分に強さを見せられる事を証明した。

 爆発的なオフェンスを支える二人のQBがお互いライバルとなり、より成長した事に加え、ランプレーでゲームを作れる様になった事で攻撃力に磨きがかかった。これにキッカー西村の安定度が武器として加わった。ディフェンスも若手の成長により層が厚くなり、交代選手が出た場面でも遜色なくなったのが大きい。セカンドステージはトップで通過してくる可能性が高いが、鹿島戦の様に試合全体を通じ気の継続が保てるかが条件である。

 鹿島は課題が多く出た戦いであった。絶対だったRB丸田・佐藤のランプレーをオフェンスラインとともに再度磨きをかけ、またパスもショートパス以外にもう少しバリエーションを持ちたい。しかし、一番の課題はディフェンスであろう。ラン&パスとバランスよく攻められ運動量が多くなってくると苦しい。ケガ人の復帰と合わせて、特にランプレーには圧倒的な強さを見せてきただけに再整備を急ぎたい。しかし、まだまだ総合力ではセカンドステージに進出したチームの中でも上位に位置する。アサヒビールとの戦いが待ち構えているが、QB波木のラン対策を整えられるかであろう。まだまだ日本一は十分に狙える。

 3位のIBMだが、昨年までは上位2チームしか次のステージに進めなかったが、今年からのレギュレーション変更で全国にアピールするチャンスを得た。3位での進出は不満足であろうが、IBMの強さを見せるチャンスがやってきたとポジティブに受け取り、旋風を巻き起こして欲しい。QB岡村のパスを武器にしたオフェンス力は、相変わらず凄い。これにRB工藤のランもかみ合ってきている。中山・阿部を中心としたディフェンス陣が健闘をみせれば、セカンドステージ進出のチャンスはある。パナソニック電工・オービックと同ブロックで非常にハイレベルな高いが要求されるが、この両チームも今シーズンはまだ完全に仕上がっているとはいえない。

 セカンドステージでは、この3チームから目が離せないし、必ずや各ブロックの中心となる戦いを見せるだろう。なぜなら、まだ成長過程であり、本当の強さを秘めているからだ。
CENTRAL1位 CENTRAL2位 CENTRAL3位
富士通
フロンティアーズ
鹿島
ディアーズ
IBM
BigBlue
チーム情報を見る
チーム情報を見る
チーム情報を見る
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.