2/19(土)
VENUS WEST CHEER DANCE CLINIC


こんにちは、こなおです!今年初のイベントは「ダンスクリニック」開催の参加・お手伝いをしてきました。
おなじみVENUS WESTコレオグラファーのお二人にご指導頂くこの企画、もう始まる前から楽しみ!
60名弱の参加者の皆さんには、関西Xチアの皆さんの他になんと大学生も参加して下さいました。
ダンスクリニックは前半・あや先生によりジャズレッスン、後半・ゆか先生によるファンクレッスンでスタート!ジャズレッスンではアップテンポな曲に合わせてポンポンダンスをレクチャー。皆さんとっても振り覚えが早い!
ファンクレッスンはカッコイイ難しい振りにあたふたしながらも、真剣な眼差しで先生の動きを見ながら頑張って練習。あっという間に時間が過ぎ発表会では皆さん楽しそうにパフォーマンスして下さいました。
最後には先生&VENUSメンバーのパフォーマンスもあり・・・!とっても盛り上がって終了。皆さんの一生懸命でチアリーダーが大好きな気持ちが伝わり私たちも色々と勉強させてもらいました。不自由な点もありましたが参加してくださった皆さんありがとうございました。
第2回もぜひぜひ参加してくださいね!。
 
 

 

 



 
1/3
「RICE BOWL観戦」


1/3東京ドームで行われたアメリカンフットボール日本選手権RICE BOWL、こなお&りょうこの二人で観戦に行ってきました☆
お正月早々始発に乗って東京に向かった私達ですがドームを目前にすると眠気もどこへやら…お目々ぱっちりで入場すると、すでにHalftime showのリハーサルが行われています。その様子を見学させて頂いた後、チア関係者の方々にご挨拶。
皆様、温かく迎えて頂いてありがとうございました。
楽しい時ほど時間が経つのは早く、あっという間にキックオフ!!
日本中のアメフトファンが注目する年始のBIG GAMEだけあって東京ドームは満席の盛況ぶり。インパルスチアもますます応援に力が入っていました。
そして私達も今日ばかりは、いち観客♪
激戦を勝ち抜いた社会人代表、松下電工インパルスは同じWEST所属ということもあって、一生懸命、そして楽しく応援しています!
VENUS・XリーグチアリーダーとYokohama INSPIRESによるHalftime showは、2005年の干支「酉」と勢いのある年を祈願した『火の鳥』をテーマに、しっとりと壮大に演じられ、ドーム中がフィールドで舞う人々に釘付けになった素敵なひと時でした。
そして試合は驚異のDEFENSE力を見せ付けた社会人・松下電工圧勝で締め括られました。
そんな中でも目を引いたのは立命館大学・木下選手のリターンタッチダウン!彼のような選手がXリーグに加入してくれると将来楽しみですね!
本当に慌ただしかったけれど、心からアメフトを満喫出来た一日でした。
立命館大学パンサーズあっぱれ、そして松下電工インパルス日本一☆おめでとう。
WESTに素晴らしいチームがあることを誇りに思いつつ、家路についたこなお&りょうこなのでした。

by Ryoko!
 
関東チアのみなさんと

東京ドーム前
みさ&あゆみ

松下電工 優勝★
 
ハーフショウは幻想的に  
 

 

 



 
「新年恒例!えびすボウルにて」

さとこです!こんにちは!今回はえびすの感想をお届けします。

私は今回VENUSとしてサイドラインやハーフショウを披露するだけでなく、パフォーマンスとりまとめをイワタニこまりちゃん、ゼロックスモニカと一緒にさせていただきました☆
まず、どんな応援をしようかな???と構想をねって、関西初の「他チームとの一緒の応援」にトライすることにしました。
テーマは「WESTERN SWEETHEARTS フィールドの女神」チームカラーは選手と同じホワイト!!
考えただけでもワクワクして昼夜チアのことばかし考えたものです。当日は本当に寒かったぁぁ〜!神戸の山のふもとはやはり1月でした。第3Qには雪もちらつくなか、Xチアの熱い応援で雪もやみ、お客さんともチアスティックで一緒に盛り上がりました。ハーフはもちろんVENUSのパフォーマンス!!今回は赤のトップスです。ラストハーフだけに気合も満点。。。
Xチアの応援は最高でした。なんてったってみんなでするのは初めてですし、みんなで作ったから!えびすホウルのXチアはまさしく「WESTERN SWEETHEARTS フィールドの女神WITH WHITE(SNOW)」(*^_^*)でした!!!来年も続けばいいなぁぁ。
by satoko
 
えびすボウルへようこそ

華やかなオープニングにて
Xチア合同サイドライン★

ハーフショウはVENUSフルメンバーで
今年も社会人の勝利! 学生チアもがんばりました



 

 

 

過去のイベント報告をもっと読む>>