CYCLONES
     
   
     
 

 

   
2002年度のチームの注目点
X総勢50名で構成される名古屋サイクロンズの“2002年度注目選手”のまず一人目は、チーム一の肉体派の竹本選手。昨年以上にやる気が感じられるので2002年度は期待大。そして忘れてはならないムードメーカーは服部選手。彼がインターセプトをすると全体の雰囲気が変わる!2002年度も選手とチアが互いに刺激しあって常に上を目指します。
 
 
2002年度のチアの注目点
   
東海地区で唯一のチアリーダーの注目点は、まずお客さんと一緒に踊れる“ダンス”。曲数とダンスバリエーションには自身あり!それと、チーム勝利のためにチアリーダーとお客さんが一致団結する“コール”です。名古屋サイクロンズカラー「青・白・オレンジ」を生かした“ユニフォーム(青・白)”と“新ポンポン(オレンジ)”で、演技はさらにパワーアップ。昨年とは、ひと味違った名古屋サイクロンズチアリーダーに乞うご期待!
 
 
   
河内選手(2002年度キャプテン)によるチア紹介
 
我が名古屋サイクロンズにとって、チアは勝利の女神であり、かけがえの無い戦力。チアに応援されれば、選手は頑張らないわけにはいかない。試合は、雨の日も寒い日も、そして蒸し暑い日もあるが、どんな状況でもチアは笑顔で選手を送り出し、試合後も笑顔で迎えてくれる。チアの笑顔で何度精神的に報われたか…。いつも心から感謝してるよ。
 

マネージャーによるチア紹介

チアはサイクロンズにとって、なくてはならない存在。マネージャー業をしながらチアの一生懸命な姿をこっそり見るとマネージャーもがんばって選手をサポートしよう!って気持ちになる。チアの笑顔、演技はとっても”かわいい”です。いつも応援ありがとう。